ほぼ日刊脱毛新聞

納税証明書を用意する

2015年3月27日(金曜日) テーマ:

法人が銀行からお金の融資を受けて借入を行う場合には、銀行から納税証明書の提出を求められます。
最近多くなってきた個人事業主においても、同じ様に銀行から借入を受ける場合には納税証明書が必要となります。
納税という基本的な行為は、銀行等の金融機関が融資要件を満たすかを判断する上でとても重要な要素となるからです。
納税はある意味、利益が上がってその一部を納税することですので、その事業を行うことによって 利益自体を上げることが出来たことが証明されるからです。
確かに利益が上がらない損益であれば、納税証明書を提出する以前に事業としてはどうかといったことにも 繋がって来るわけですので、借入による融資を実行する判断基準としては申し分ないわけです。
なお中小企業等の融資を主に扱う公的な金融機関もありますが、それは日本政策金融公庫と呼ばれる所です。
そこでは納税証明書としては、源泉所得税の納付を証する書面の添付が必要となるケースが多いです。
勿論、企業ではない個人においても年収を証する書面以外としては、納税証明書を金融機関に提出することによって、借入を受けることもできます。
個人で借入を利用したい場合はこちらのカードローンランキングKR66※選ばれているのはココ!を参考にしてください。
納税証明書を用意することなく身分証明書のみで借りることが出来ます。